現在地

ホーム>医療コーディネーターの養成

医療コーディネーターの養成

看護師として意思決定支援を学ぶことができる、医療コーディネーターの養成コースがあります。

「看護師としてこのままでいいのか?」それがきっかけでした

(セミナーを受講される看護師の事前の思い)

目の前の患者さんのために、あれもしたい、これもしたい、と思ってはいても、忙しい業務の中ではゆっくりと関わることが出来ません。インドームドコンセント、患者中心の医療の実現という理想はあっても、それを実現できるだけの現場の余裕がありません。また、十分説明をしたつもりでも、相手にきちんと伝わっていない、ということも良くあります。どうすれば今の現状をよく出来るのか、患者さんが納得して医療を受けることができるのか、この講座で学び、現場に生かしていきたいと思います。

医療コーディネーターになるまでの流れ

医療コーディネーターとして独り立ちするために、資質を評価し、基礎から応用までサポートします。 ※ステップ1のセミナーのみの受講も可能です

ステップ1:セミナーの受講

医療コーディネーターと患者から学ぶ”医療における意思決定支援”セミナーを受講し、医療コーディネーターのエッセンスを学びます。

実施予定日:毎年11月頃に実施しています(楽患日記に告知します) 参加費:8,400円

ステップ2:資質面接への参加

応募基準は、臨床経験5年以上の看護師、患者の意思決定を支援したいと強く思う者。面接における評価は主に、応募者の医療コーディネーターとしての資質を元に判断します。

参加費:5,000円

ステップ3:OJTおよび継続学習

OJTを通じて各々の基準点を満たした場合に医療コーディネーターとして認定します。また、事例検討など学ぶ機会が定期的にあります。

参加費:30,000円(OJT3回まで)、以降1回ごとに10,000円

認定はNPO法人楽患ねっとが行います。

認定者は平均5回OJTを受けています。

サイト活用のヒント